So-net無料ブログ作成
検索選択

パッソの新型車が2014年4月14日発表その画像は! [車]

トヨタ自動車は、パッソの新型車を、2014年4月14日に発表した。今回発売されたパッソは、 マイナーチェンジで、ガソリン登録車の中では、トップとなるリッター27.6kmの低燃費を実現した。

001.jpg

メガウェブトヨタシティショーケースで記者発表会が行われた。

パッソのCMに出演している女優の水川あさみさんが、発表会に登場し、新型パッソの魅力について紹介したそうです。


環境問題や経済的な問題の、両方について真剣に考えられたコンパクトカーの新提案だと
トヨタ自動車製品企画本部の鈴木さんは紹介したそうです。

まず、新型パッソがはコンパクト2ボックスカーと言う分類に属するらしく、軽自動車と最も近い車のいちずけになるため、対象となるユーザー層は、ファミリー、シニア、新社会人などと層の幅がとても広い。 また、利用用途としては日常の用途から休日のドライブまでを担うため幅広い用途に使われる重要な部分を 担うことになる。

新型パッソは、軽自動車と最も近い分類になるため、利用用途の面ではかなりかぶってくると思います。

ましてや、最近の軽自動車は各メーカーとも力を入れて競争しているので、ますます新型パッソの属する
分類は、競争が激化していると思います。

新型パッソは、競争が激化している市場の中でいかに存在感を発揮するかを考えて、ガソリン登録車でトップの低燃費を実現したこと、更に、デザインをより個性的にしていき、装備もより快適に進化させて新発売したそうです。

燃費に関しては、従来の23㎞うから20%も向上し27.6㎞を達成した。

平成27年度燃費基準プラス20パーセントを達成。

平成17年基準排出ガス75%低減レベルの認定により、エコカー減税の100%減税措置の対象である。

その他、車体の側にも、高効率のオルタネーターを採用と減速時のエネルギーをバッテリーに貯める機能の強化や空力性能の改善による走行抵抗の改善、そして停車前に速度が9㎞/hエンジンストップするアイドリング機能など、様々な技術が採用されている。

新型パッソには、様々な技術が採用されることで、ガソリン登録車の中でトップの低燃費を実現しているのだなと感心していまいました。
 
新型パッソには、2種類のタイプが有りパッソパッソ X、Gは、スッキリまたキリッとした感じでとす。

一方、パッソ +Hanaのポップでキュートなとても可愛いかんじです。

両方ともにかなり個性的なデザインになっています。

 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。