So-net無料ブログ作成
検索選択

洗車マニア [趣味]

今日は、俺の趣味について書いていこうと思います。

俺は、クルマ好きがこうじて、だいの洗車マニアです。

俺の洗車の仕方とこだわりについて書いていきます。

今乗っているクルマの色は、黒です。黒は
汚れが目立つため、手入れが大変ですが、
磨き上げると他の色に比べて輝き方が違います。

まずは、ボディに水を大量にかけながらスポンジ
天井から、徐々に下に洗って行きます。この際に
スポンジに力を入れすぎるとボディに傷をつけて
しまうので軽い力で洗って行きます。

洗い終わったら、今度はボディに付いた水を拭いていきます。
よく雑巾みたいなもので、拭きあげている人もいますが、
俺はなるべくボディに傷を付けたくないので、セーム皮を
使って、拭きあげていきます。この際もボディに傷をつけない
ようにセーム皮をボディの上を滑らしるようにして拭きあげていきます。

ボディの水滴の拭き取りが完了したら、今度はワックスがけに移ります。
ワックスよりもコーティング剤のほうが長持ちするため、コーティン剤を
使ってもいいのですが、ワックスのほうがかけたあとに出る深いツヤと
輝きが違うため、ワックスを使用しています。

そして、ワックスは固形のカルナバロウを使ったものを使います。
固形ワックスは、いろいろなメーカーからでているのです。
いろいろ試したところ、シュアラスターのマンハッタンゴールドに決まりました。
このワックスをかけたあとのクルマのボディの深いツヤと光沢はたまりません。

ボディが乾燥したろころで、ワックスがけに移ります。スポンジに少量の
ワックスをとって、スポンジをボディに軽く押し付けす薄く塗り伸ばして
行きます。ここで、スポンジに力を入れすぎるとボディに傷をつけてしまいます。

ボディ全体にワックスを塗り終えたら、ワックスが半乾きするまで待ちます。

ボディが半乾きしたら、普通は布などでふきあげていくのですが、俺のこだわりは
いかに綺麗に拭きあげるかということで、シュアラスターのワックスふき取りクロスを
使用します。普通の布に比べ拭き残しがないのがなんとも良いです。

普通はここまでで終わりなのですが、俺はこのあとにシュアラスターの鏡面仕上げクロス
を使ってもう一度ボディ全体をふきあげます。この作業をすることで、ボディの光沢が
ますます増していきます。

最後に、ガラスとサイドミラーにスーパーレインXを塗り終えたら、乾燥するまで
待ちます。乾燥したら、水で濡らしよく絞ったタオルで拭きあげていきます。拭き残し
のないように仕上げます。拭き残しがあると、夜走った際に光が乱反射して見えてしまいます。

この後に、ドアやトランクの内側に残っている水滴をタオルなどで拭き取ります。

ここまででボディのメンテナンスは、終了です。これから室内の掃除にはいっていきます。

まずは、ガラスの内側の清掃を行います。この際に、家の窓用のクリーナーを使って
ガラスを拭いてしまうと、夜間走行した時に光が乱反射していしまいます。そうならないために
俺は車専用のガラスクリーナーを使います。

次に清掃するのは、ダッシュボードなどのプラスチック製品です。これには、保護つや出し剤の
ナポレックス アーマーオール プロテクタントを使います。

次にフロアマットを全部外に出して、水と洗剤を掛けてたわしでゴシゴシあらいます。
洗い終わったら、水を切って外に干します。

フロアマットが乾くまでの時間を利用して室内の床部分に掃除機をかけていきます。
掃除機をかけ終わったら、最後に、干しておいたフロアマットをしまって作業終了です。

以上が、俺の洗車のやり方です。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。