So-net無料ブログ作成
検索選択

国分太一さんのデスモイド腫瘍についお嫁さんについて

11日に国分太一さんが3歳年下の元テレビ局の社員と結婚した
ことを15日に発表した。

お嫁さんとは実に7年間の交際を経てのゴールインだそうです。

今回の結婚の決め手となったのが2009年に国分太一さんが
病気になり手術と1ヶ月の入院生活をおくる際にいろいろな
お世話してくれたことのようです。

今回は国分太一さんがなったデスモイド腫瘍について調べて
見たいと思います。

まず、デスモイド腫瘍とは年間100万人に1人が発症するぐらいの とても珍しい病気です。

腫瘍とは言われていますが、がんなどの悪性の腫瘍ではなく
良性の腫瘍です。

がんのように転移することはないのですが、放置するとどんどん大きく
なっていくため切除して摘出しないと周りの臓器などを圧迫する恐れが
あります。

国分太一さんの場合は定期的に検査を受けて経過を見ていたいですが
腫瘍が大きくなったので手術で摘出することになったようです。

2009年ごろなので仕事をしながらの通院治療はかなり大変だったようです。
また、手術をしなければならないと医師に言われた時には、手術後仕事が
できなくなるのではと思ったそうです。

その時国分太一のそばで手術と一ヶ月間の入院生活を支えてくれたお嫁さんの 存在はとてもおおきかったでしょうね。

国分太一さんのタフさもそうですがお嫁さんの存在があったからその後無事
仕事に復帰出来た似でしょうね。

国分太一さんのプロフィール

ダウンロード (6).jpg

1974年9月2日(41)

東京都出身

身長167センチ

TOKIOキーボード担当


お嫁さんは腰原藍さんは元TBS社員で
2010年末で退社しています。

ダウンロード (7).jpg


スポンサーリンク


script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。